カイロデー2010

2010.09.17 Friday

0


    今年のカイロデーは9/16(木)に開催されました。

    今年のテーマは「いま求められているカイロプラクティックの社会化」ということで、TCC講師で同窓会会長でもある石川先生の司会で開会しました。

    最初に一愿先生による「社会化とはどういうことか」というお話があり、次に宏明先生から臨床経験に基づく色々なお話があり、前半が終了。

    1年生にとって宏明先生は初めて会う人であり、他の学年にとっても、なかなか会う機会がない人なので、みんな緊張した面持ちで話を聞いていました。

    後半はJAC副会長影山先生による、カイロの未来を担う学生を応援するメッセージとして「JACと歩むカイロプラクティックの未来」というお話があり、次に私、三輪が顧問をしている社会化活動部の現状報告とその経験から思うこと、の話をしました。


    9/18はカイロ発祥の日、ということで、今週末は改めてカイロの先人たちに感謝しつつ、患者さんと真摯に向き合おう、と感じた今年のカイロデーでした。

    (文責:事務局 三輪)
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL